食物アレルギー

  • 2016.08.17 Wednesday
  • 14:22
           

こんにちは。ジェロです!


今日は私の息子、トト君について紹介します。

なぜトト君かと言うと、、顔がトトロに似ているのでそう呼んでいます^_^

只今2歳のイヤイヤ期まっさかり!!
イタリアの熱い血のせいか?!
激しいです。それはもう、友達の子供と比較するともう、、激しいです。。。毎日毎日「No!!!!!!!」ばかり、、
日本人の子供でいう「嫌ー!!!!」ですね。。
トト君はイタリア語は聞いて理解できるのですが、話し言葉は日本語のみ!(◎_◎;) しかしNo!だけはイタリア語なんですね。
イタリア語をペラペラしてもらいたいのですが、、、

それは私のせいで日本語しか話さないのです。

夫はイタリア人ですが、、
私はイタリア語が話せません(>人<;)

聞いて少し理解は出来ますが、、
話せない。。

そう、イタリア語って難しいのです。女性名詞だの男性名詞だの。。。
言い訳ですが、、m(_ _)m


話はそれました。

本題です。トト君、実はアレルギーっ子なんです。
私自身小さい頃からアレルギー性鼻炎だの、小児喘息だのしてきたもので。。
食べ物には細心の注意を払ってあげてました。。

しかし産まれて初めて乳製品を小さなスプーンで半分食べさせた時、それはもうすぐ出ました。
はじめは口の周りが赤くなり、徐々に全身に、、
リンパ節は腫れて、顔もパンパンになってしまったのです、、!!!

慌てて病院に駆けつけたところ。食物アレルギーとの診断がでました。

何かというと乳製品、卵、犬。

まだまだ調べてないものもあるので2歳の今でもお蕎麦やエビなどは食べさせた事がありません。。


ここでお気付きの方もいらっしゃるかなぁ、、、



そうです!!!

イタリア人ですよ???


あそこはチーズの国です!!!

しかも夫の故郷、南イタリアでは卵を使った料理も沢山なんです!!

むしろ、卵と乳製品抜きの食べ物なんてほぼないくらいなんですよー!!。・゜・(ノД`)・゜・。

幸いにも私たちは日本で暮らしています。和食は簡単にアレルゲン抜きの食事が作れます。


でもたまにはチーズやらこってりしたものが食べたくなります!!!

南イタリアの郷土料理をアレルゲン抜きで作る、、、
難しいです。あの味は表現しきれません!!が、、我が家では週の半分は和食。半分はイタリアご飯でやっています。

カルボナーラの様な卵とミルク抜きじゃ作れないもの以外のものならば、、
頑張って作っています。
これから沢山レシピも紹介して行くつもりです(*^^*)



南イタリアのマンマ直伝の味、皆様の今夜の夕食の参考になれば、、と思います。

 

            
        
コメント
コメントする

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>

selected entries

categories

               

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered by

無料ブログ作成サービス JUGEM